キリスト教一覧

フランクリン・グラハム大会

行ってきました。
フランクリン・グラハム個人に対しては、良い印象を持っていません。
2006年、沖縄でフランクリン・グラハム国際大会が開かれた際、反対声明が出されました。
http://henoko.jp/info/20061031graham.html

村上 密 Blog : ビリー・グラハム
http://maranatha.exblog.jp/13014788/
しかし、関西のクリスチャンが一同に会し、共に賛美する、このような場はめったにないことでしょう。
阪神のマートン選手の証も聞くことができました。
とても感動しました。


晴れるや先生のブログより

ですから、私たちは勇気を失いません!

http://ameblo.jp/jesusno1/entry-10669325625.html

今もがんと闘病されている、晴れるや先生。
先生の生きざまが、まさに大きな証しとなっています。
ローマ8:31~39 と Ⅱコリント4:11~18
何度も読み返したい聖句です。

いつか自分が死の床についたとき、「外なる人は衰えても、内なる人は日々新たにされる」と言えるようになりたいと思います。
神のみ手に抱かれて、神のもとに招かれる日の近づいたことを喜びたいと思います。
その日が来るまで、今しばらくは神が与えてくださった命という賜物をフル活用して、「世の光」として輝きたいです!


「私はどんなことにも支配されはしません」

昨日の House of Praise。


コリント第一 6:12

すべてのことは私には許されたことです。
しかし、すべてが益になるわけではありません。
私にはすべてのことが許されています。
しかし、私はどんなことにも支配されはしません。

すべてのことは私には許されたことです。
人は神から「自由意志」を与えられている。
今の自分は、自分が今まで選択してきたことの結果。
物事に対してどう反応するかも、自分の選択次第。
どんな感情を表すかも、自分で選んでいる。
感情は、自分で制御不可能なものではない。
しかし、すべてが益になるわけではありません。
益をもたらすどころか害となる選択もある。
自分で選べないものもある。
国籍・性別・両親。
人は誰しも、程度の差はあれ、選べなかった環境の犠牲者である。
しかし、人は皆「神の作品」である!
存在そのものに価値がある。
たとえ自分が無価値に思えるとしても・・・

ペテロ第二2:19
人はだれかに征服されれば、その征服者の奴隷となったのです。

過去に対する怒りや恨みを抱えている限り、過去の奴隷である!
しかし、私はどんなことにも支配されはしません。
パウロのように、自分が過去の奴隷となることを断固拒否すべき!
心に深い傷を負っている人ほど、自己中心に陥りやすい。
しかし、唯一、わたしたちが奴隷となることが益となる選択がある。
ペテロ第一2:16
あなたがたは自由人として行動しなさい。
その自由を、悪の口実に用いないで、神の奴隷として用いなさい。


サウル王の聖化

ひさびさに、地元の教会の聖書研究祈祷会に行ってきました。
(普段は水曜の夜に開かれているのですが、今週はたまたま木曜に振り替えになってたもので・・・)
読んだ箇所はサムエル記第一10・11章。
イスラエルの初代王としてサウルが任命され、アンモン人を撃破するという場面です。
サウルといえば、竪琴を弾くダビデに槍を投げつけ、執拗に追い回すほどの激しい嫉妬と殺意を示した「聖霊を取り去られた」後のイメージが強いのですが、サムエルによって油そそがれた当時のサウルは、とても謙遜で控えめな青年でした。
サウルに聖霊が下ると、「神はサウルの心を変えて新しくされた」(10:9)とあります。

ちなみに・・・
新世界訳だと、「神は彼の心を別の[心]に変えはじめられた」となっています。意味不明ですよねぇ。


聖化され、王としてふさわしく生まれ変わったサウルはイスラエルの軍勢を率いて、ヤベシュ・ギレアデに侵攻してきたアンモン人を撃破します。
新世界訳では読み取れなかった箇所、とても新鮮でした。


House of Praise 6/23

Cafe 「Proverbs 15:17」では、毎週水曜の晩、東京の「KICK BACK CAFE」で開催されている「House of Praise」をインターネット中継しています。
http://www.marre.jp/church.html
「House of Praise」でのメッセージは、今の僕がまさに必要としていたメッセージでした。
今日、僕は主の導きを確かに感じました。
扱われた聖句は2つ。
Ⅱコリ4:16-18と、ローマ5:3,4。
Ⅱコリ4:16-18
ですから、わたしたちは勇気を失いません。たといわたしたちの「外なる人」は衰えても、内なる人」は日々新たにされています
今の時の軽い患難は、私たちのうちに働いて、測り知れない、重い永遠の栄光をもたらすからです。

わたしたちは見えるものではなく、見えないものにこそ目を留めます。見えるものは一時的であり、見えないものはいつまでも続くからです。

人はだれしも年老いていき、衰えていきます。
病にかかり、やがては死にます。
エントロピー第二の法則を、誰も止めることはできません。
しかし、肉体=「外なる人」は衰えていくとしても、「内なる人」=わたしたちの心、霊的な部分は老いません。永遠に永続するのです。
だから、わたしたちは勇気を失うことはありません

パウロの受けた患難がどれほどのものであったかは、Ⅱコリ11:23-27にあるとおりです。
わたしたちが、パウロが受けたほどの患難に遭遇することは、まずないでしょう。
しかし、それほどの患難に遭遇したパウロが、「軽い」患難と表現しています。
永遠の栄光に比べれば、患難は一時の、軽いものなのです。
ローマ5:3,4
そればかりでなく、患難さえも喜んでいます。それは、患難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を、練られた品性が希望を生み出すということを知っているからです。
パウロのように、わたしたちも患難=試練に遭うことを喜ぶべきです。
試練に遭わなければ、忍耐を培うことはできません。
そして、忍耐が練られた品性を、練られた品性が希望を生み出します。
どんなに絶望的と思える状況でも揺るがない、確固とした希望です。
その希望があれば、人生に勝利することができるのです。
このメッセージを受けて、僕は祈らずにはいられませんでした。
--------------------------------
イエスよ、今日、あなたは確かに私のうちに入ってくださいました。
あなたが導いてくださったことを感謝します。
今日のメッセージは、今の僕にとってまさに必要なものでした。
Ⅱコリ4:16-18にあるように、僕は「外なる人」の衰えを痛感します。
また、パウロの遭った患難に比べるもないですが、ここ数ヶ月は僕にとって人生最大の患難の連続でした。
しかし、「測り知れない、重い永遠の栄光」に比べれば、たしかに「今の時の患難は」「軽い」です。
そして、あなたが僕のうちにいてくださるゆえに、「内なる人は日々新たにされている」のを確かに感じています。
ですから、僕はもはや「勇気を失いません」。
なんと幸いなるかな!ハレルヤ!
ローマ5:3,4にあるように、「患難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出す」ことを知りましたので、僕に与えていただいた患難を感謝し、喜びます。
今回経験してきた患難を通して、たしかに僕は忍耐を培わせていただくことができました。
その忍耐が、練られた品性を生み出しますように。
そして僕のうちに、確固たる希望を置いてください。
僕が希望にあふれた人間となり、希望を反映させる、希望を分かち合えるよう、僕を整えてください。
主イエス・キリストの名によって祈ります。アーメン。


Proverbs 15:17

タイトルは店の名前。そのまんま、聖句ですw
「野菜を食べて互に愛するのは、肥えた牛を食べて互に憎しむのにまさる」
京都・百万遍にあるカフェです。
http://www.proverbs1517.com/
オーナーが石井希尚牧師なんです。
これから行ってきます!
じつは先週も来まして、今日は2回目なんですけどね。


詩編27:10

私の父、私の母が、私を見捨てるときは、
主が私を取り上げてくださる。


証しか、布教か

※ JWを辞められた方の進む道は、人それぞれだと思います。
※ 宗教を信じる自由も信じない自由も保障されるべきだと
※ 思っています。
※ 僕は、自分の教会が唯一だとは思っていません。
※ 「JWの誤りと、本来の聖書の教え」について知りたいと
※ 思われる方には喜んでお話させていただきますが、
※ 諸教会に拒否感をお持ちの方に、JWみたいな強引な勧誘を
※ したりはしませんので、ご安心を。

僕の、mixiプロフィールに載せている文章の一部です。
証し」・・・神様からいただいた恵みを人に伝えること。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%BC_%28%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E6%95%99%29
布教」・・・ある宗教を一般に広めること。
mixiで、「僕が布教活動をしている」といって、某・元JWコミュ管理人から苦情メールが来ました。
僕は、自分の信条を尋ねてこられた方に「証し」することはあっても、「布教」するつもりはありませんし、布教した覚えもありません。
伝道なんてもうこりごりです。
開拓者だったころ、家の人の、いかにも面倒くさそうな顔を見るだけで、「来なければよかった」と何度も思いました。
それなのに・・・
僕が布教活動?とんでもない。まっぴらごめんです。


ウッド牧師、TV出演

「真理のみことば伝道協会」サイトより。
http://www.jesuscom.org/helpcult/


2010年1月16日と17日に放映されるハーベスト・タイムのテレビ番組に、ウィリアム・ウッドが出演することになりました。ホストの中川健一師と共に、『カルトにだまされないために』というテーマを取り上げます。放映時間は次の通りです。


◎テレビ金沢 16日朝4時55分
◎三重テレビ 16日朝5時半
◎沖縄テレビ 16日朝5時半
◎KBS京都 16日朝6時25分
◎サンテレビジョン 16日朝7時
◎テレビ和歌山 16日朝7時
◎びわ湖放送 16日朝8時
◎テレビ埼玉 16日朝8時半
◎群馬テレビ 16日朝8時半
◎千葉テレビ 16日朝9時半
◎テレビ神奈川 17日朝7時半
◎岐阜放送 17日朝7時半
◎奈良テレビ 17日朝7時半

--------------------------------------------------–
真理のみことば伝道協会主催
第19回カルト救出全国セミナー
「被害者家族に何が出来るか」
日時:2010年2月11日(木)午前10時-17時

講師: ジャン・ドウゲン師、ウィリアム・ウッド師 
会所: 関西聖書学院(KBI)
奈良県生駒市門前町22-1
TEL:0743-70-8600 / Fax:0743-70-8601
費用:3000円


夕拝

今日も憂鬱だったのですが、頑張って行ってきました。
教会に着いたときは、鬱ですっぽり覆われているかのようでした。
賛美の最中も、手拍子を打つ元気がありませんでした。
でも、賛美をしているうちに、祈りをしているうちに、
メッセージを聞いているうちに、聖霊様の働きを感じました。
礼拝が終わるころには、心が軽くなったような気がしました。
礼拝後、牧師に祈ってもらいました。
仕事のこと、家族のこと、JWのこと・・・
たくさんの重荷がありますが、主がいつも共にいてくださり、支え、導き、祝福してくださいますように。
祈りには、ほんとうに大きな力があります!
あなたがたのうちに病気の人がいますか。その人は教会の長老たちを招き、主の御名によって、オリーブ油を塗って祈ってもらいなさい。

信仰による祈りは、病む人を回復させます。主はその人を立たせてくださいます。また、もしその人が罪を犯していたなら、その罪は赦されます。

ですから、あなたがたは、互いに罪を言い表わし、互いのために祈りなさい。いやされるためです。義人の祈りは働くと、大きな力があります。 (ヤコブ 5:14-16)