雑記一覧

出張より帰宅

明日は代休。
土日も仕事です。
二週続けて聖書学びの会を欠席。
礼拝にも行けてないし、心細いというか、何というか・・・
みことばを引用されているブログを読ませていただき、
少しの時間ですが黙想。
今日も神のお導きがあったことに感謝いたします。
明日も、みこころにしたがった歩みができますように。アーメン。


近況

25(水)夕方から、広島へ出張していました。
夜間に作業を行い、終わったのが木曜の朝10時ごろ。
冷たい雨がしとしと降っていました。。。
夜勤明けでとにかく眠くて、広島駅に着くと岡山行き快速電車に乗り、そのまま熟睡・・・。
2時間以上ぐっすりでした。
昼2時ごろに岡山へ到着。
せっかく岡山に来たからと、倉敷めぐみキリスト教会を訪ね、高山牧師とお会いしてきました。
http://kmcc.sakura.ne.jp/
http://ameblo.jp/taka-chaya/
高山先生は、エホバの証人・統一教会・摂理など様々なカルトからの救出を多数手がけておられる
有名な牧師さんです。
急な訪問にもかかわらず、快く迎えてくださいました。
短い時間でしたが、お話させていただくことができました。
その後、ネットカフェで少し仮眠を取った後、マイミクさんと合流し、プチオフをしました。
2年ぶりの再会でした。元気そうな顔を見られて、とても嬉しかったです。
23時ごろ帰宅。
けさも11時まで爆睡してました。
・・・と、ここまでがここ数日の近況です。
明日も夜間作業のため徳島へ出張します。
来週は福井、再来週は三重・・・と、来月下旬まで出張が続きます。


遠くの親戚より近くの他人

孤独は喫煙や肥満と同じくらい人体に悪影響を及ぼす
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080218_bad_influence_for_loneliness/
孤独は、心も体も病ませます。
共に喜び、共に泣いてくれる友の存在は貴重なものです。
「近くにいる隣人は、遠くにいる兄弟にまさる」-箴言27:10。
「友はどんなときにも愛するものだ。兄弟は苦しみを分け合うために生まれる」-箴言17:17。
主は、ただ遠くから見守っておられるのではありません。
しっかりとそばについていてくださり、守ってくださいます。
「恐れるな。わたしはあなたとともにいる。
 たじろぐな。わたしがあなたの神だから。
 わたしはあなたを強め、あなたを助け、
 わたしの義の右の手で、あなたを守る」-イザヤ41:10。
主がわたしたちを「友」と呼んでくださっています。
「わたしはもはや、あなたがたをしもべとは呼びません。しもべは主人のすることを知らないからです。わたしはあなたがたを友と呼びました。なぜなら父から聞いたことをみな、あなたがたに知らせたからです」-ヨハネ15:15。



Googleの検索結果が・・・

一時的におかしくなってましたね。
何を検索しても「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります」・・・
もちろん、Google自身もこのとおり。
exjw2.net blog by Joel-Google


HN「Joel」の由来

なぜ「Joel」なのか、いままで書いてませんでしたね。
旧約聖書の小預言書に「ヨエル書」があります(ヨエルは英語でJoel)。
ヨエルはユダ王国滅亡の直前、神による裁きの日について預言しました。
「いなごの大軍」による災いを予告し、イスラエル人に悔い改めるよう呼びかけます。
ヨエル書の後半は、陰うつな内容の前半とは趣が変わり、神による救いを預言しています。
「その後、わたしは、わたしの霊をすべての人に注ぐ。あなたがたの息子や娘は預言し、年寄りは夢を見、若い男は幻を見る。」-ヨエル 2:28
この聖句は、キリストの復活後、ペンテコステの日に、集まって祈っていた120人の弟子たちに成就します。
そして現代も、主を信じるひとりひとりに、キリストは聖霊の賜物を与えてくださるのです。
「わたしは父にお願いします。そうすれば、父はもうひとりの助け主をあなたがたにお与えになります。その助け主がいつまでもあなたがたと、ともにおられるためにです。
その方は、真理の御霊です。」-ヨハネ14:16,17。
・・・と、ここまでは聖書に関連した内容ですが、実をいうと、「Joel」というHNを思いついたきっかけは、ヨエル書というより、ビリー・ジョエル(Billy Joel)なんです。(^^;
高校時代、同級生にBilly Joelのベストアルバムを借りて以来、はまっちゃいました。
今でも大好きなアーティストのひとりです。
そういえば、某牧師さんの息子さんのお名前が「よえる」くんでした。


阪神大震災

あれから14年・・・。
当時、僕は高校2年生でした。
実家あたりは、たしか震度4だったんですが、今までにない激しい揺れで、とても怖かったです。
学校には行ったものの、休校になって帰りました。
TVで続々と報じられる甚大な被害に、呆然となりました。
ちょうど半年前、徳島の会衆で訪問講演があって家族で出かけた時、阪神高速神戸線を通ったんです。
その高速道路の高架が延々となぎ倒されている光景は、とてもショッキングでした。
数日後、支援物資運搬・仕分けのボランティアに出かけたのを覚えています。
今まで生きてきた中で、たいへん衝撃を受けた出来事はいくつかありますが、
大きな災害で自分も経験したことがあるのは阪神大震災くらいですね。。。
じつは、震災の翌月、祖母が亡くなりました。
何年も闘病していたので、やっと楽になれてよかっただろうとは思いましたが、やはり悲しかったです。
その後、地下鉄サリン事件(3/20)があったんですよね。
1995年は衝撃的な出来事がいくつも起こった年でした。


近況

今日は家族で食事をしました。
僕と弟、父の三人です。
じつは、弟が父と再会するのは7年ぶりのことでした。
数ヶ月前に結婚したばかりの弟は、結婚式の写真を父に渡しました。
父は弟の成長に驚くと共に、とても嬉しそうでした。
(ちなみに弟は、一度は伝道者になったのですが、喫煙が発覚して伝道者から下ろされ、
そのまま現在に至ります。。。高校卒業後、集会にも行かなくなりました。
でもなぜか記念式だけは毎年出席しているらしいです。)
7年前、父は母と離婚し、JWから断絶し、家を去っていきました。
当時、僕は過酷な仕事で身体的にも精神的にも疲れ切っており、父と母の関係がどうなっているのか
把握する余裕もありませんでした。
最近になって僕が父に連絡を取り、再会し、当時の状況について少しずつ知るに至りました。
(じつはまだ整理できていない点も多々あるのですが、それは父と話をしながら追々アップします・・・)
一度は崩壊してしまった家族ですが、少しずつ再構築しようとしています。
元の形に戻すのは至難のことに思えますが、新しい関係を築いていければと思っています。。。
2009年の正月は、僕の家族にとって新しい一章になりました。


あけましておめでとうございます

昨夜は深夜まで仕事で、くたびれて寝てしまいましたが、なぜかこんな時間に目が覚めてしまいました…(^^ゞ
というわけで、あらためて A Happy New Year !! プレゼント
今年もよろしくお願いいたします。
…と、新年を祝うことを禁じられてきた20数年…
正月は複雑な気分でしたね。
晴れがましいような、でも祝っちゃいけないから奥歯にモノがはさまったような挨拶しかできなかったり…
今はわだかまりなく、素直な気持ちで、会う人と共に新しい年の門出を祝い、挨拶できることが嬉しいです。