雑記一覧

ブログ移転

ずっとアメブロは使いずらいなぁ・・・と思ってたんですが、なかなか移行できずにいました。

新しくレンタルサーバーを借りて、WordPressをインストールしたので、この機会にブログを移すことにしました。

調べてみたところ、Ameba→FC2ブログ→WPというデータ移行方法があることが分かりまして。

  1. 「FC2 ブログお引っ越しツール」を使って、AmebaからFC2にデータを移行する。
    https://blog.fc2.com/import/register.php
  2. FC2でバックアップデータを取り出し、WPにインポート
    http://miyearnzzlabo.com/archives/238 ←こちらを参考に

・・・というようなかんじで、無事にWordPressに移行できました。



2人めの甥

昨日、弟から電話がありました。
第二子誕生との知らせでした。
ただ、呼吸が弱いらしく、大きい病院へ転送されたそうです。
経過が心配ですが、乗り越えて、健やかに育ってくれることを祈っています。


Time to say Goodbye

映画「オーシャンズ11」の最後のシーンで出てくる、ラスベガスの噴水。
実物を見たことがあります。
はるか遠い昔のことのように思えます。
あれから、僕は何をしてきたのだろう・・・
そして、これから僕には何ができるのだろう。
これまで、たくさんの人からいただいた愛と親切。
恩に仇で返すようなこともしてしまったことも数えきれません。
自分はあまりにも罪深く、惨めで、情けない人間です。
絶望し、自ら命を絶っていたかもしれません。
それでも、そんな僕のために、イエスさまは十字架で命をなげうってくださった。
「悔い改めなさい。そうすれば、わたしはあなたを許し、あなたをきよめよう」と言ってくださった。
そのおかげで、こんな僕ではありますが、生かされています。
これからも、生きていきたいと思います。
人のために何の役にも立てない、世界の片隅でただ生きている、ちっぽけな存在でしかありませんが、生かされています。
そのことに、ただ感謝するしかありません。


祈りと希望

未曾有の大震災。
被災された皆様にお見舞い申し上げます。
救援と復興のために祈ります。
遠く大阪の地でも、数分にわたって揺れが続きました。
阪神大震災のときの記憶と衝撃が蘇りました。
大津波の破壊力は想像を絶するものでした。
電気も通ってるし、電車もいつも通り動いている。
大阪の街は平穏ですが、テレビばかり見てるとよくないですね。
憂鬱になっちゃいます・・・。
日本中から、世界中から、支援の輪が広がっています。
壊滅した阪神・淡路も復興しました。
東北・関東も必ず復興します。
希望を胸に、この大きな試練を乗り越えていきましょう。
いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。-コリント第一13:13。


仕事と住まいと

就職して3ヶ月経ちました。
一時は風邪をこじらせたり精神的にキャパオーバーになった時期もありましたが、会社にそれほど迷惑をかけることもなく、与えられた仕事をこなしていっています。
契約当初は「3月までのリプレース案件に参画してほしい。できれば、サーバー関係も手伝ってほしい」との要望でした。
この3ヶ月の間に、案件関連の作業に加えて、サーバー運用の仕事もどんどん任されています。
既に2回、東京へ出張し、次回からは一人でも行けるように…と言われています。
単に与えられた仕事をこなすことにとどまらず、他のメンバーも巻き込んで段取りを進めていく面においても上司から期待してもらっているようです。
技術的スキルや経験だけでなく、ポテンシャルの面でも高く評価してもらえていることに感謝です。
神様が、試練を通して私を育ててくださり、この仕事に対応できるよう備えてくださったこと、まさに祝福です。
主のみ名はほむべきかな。
ちなみに、クリスマス前に引っ越しました。
すぐ近所なのですが、部屋も若干広くなり、キッチンも広くなり、ようやくまともな生活を送れる環境になりました。
やっと冷蔵庫を置くことができ、慣れないながらもぼちぼち料理をしています。
仕事も家事も、ようやく慣れつつあるかな…というかんじです。
まだまだ寒い日が続くので、風邪やインフルエンザに気をつけましょう。


あけましておめでとうございます!

皆様の繁栄とご多幸を心よりお祈りいたします。
元JWの皆様は、今も幸せに暮らしておられることと思いますが、もっと幸せになれますように!
現役JWの皆様は、組織のしがらみから自由になって、心の平安を得られますように。
2世の皆様は、親や組織に振り回されることなく、自分の人生の目標を立てて、それを実現するために頑張ってください!応援しています!!
                                            2011年 元旦
                                                Joel


2010年を振り返って

今年は、まさに激動の一年でした。
どん底を経て、新生活の一歩を踏み出すことができました。
今になってようやく、自分が経験してきた試練にも意味があったのだと思えるようになりました。
そして、神様の恵みと導きとを体験することができました。
おかげさまで、現在の仕事も順調です。
教会にも毎週通うことができ、アドベントからクリスマスまで、充実した日々を過ごしました。
まだまだ自分の生活を立て直すのに必死ですが、来年はぼちぼち新しいステップに踏み出したいなと思っています。
いつかオフ会もやりたいし。
今夜は友人の誘いで、都島教会で年越し礼拝にあずかります。
そして明日は、宇治バプテスト教会の元旦礼拝に出席します。
宇治バプテスト教会は、僕が2年前に初めて訪ねた教会で、僕にとっての心の故郷です。
二日は地元の教会に戻って、2011年最初の聖日礼拝と聖餐式にあずかります。
皆様も、よいお年をお迎えくださいませ!!


主に与えられ、主に返す

日付が変わっちゃいましたが、いろんなことが重なって、寝付けずにいます。
嬉しいことがいくつも・・・こんなに恵みをいただいて、神様いいのでしょうか?という思いです。
新しい勤務先に入ってまだ一週間なのですが、非常に評価いただいて、恐縮しています。
どんどん仕事を任せていただけそう・・・
消化しきれへんのちゃうか?と、ちょっと不安になるくらい。
もちろんそこは抱え込まず、早めに相談するつもりではいますが。
そして、先に書いた、弟からの応援メール。
母に電話で突き放されたことで、正直言ってかなり凹んでいたので、本当に力づけられ、慰められました。
もうひとつ、とあるライブにご招待いただきまして。
ライブなんてほとんど行ったことがないのですが、生演奏を間近で拝見し、そのうえキリストの愛についての熱いメッセージを聞き、大いに心を動かされました。
トップアーティストたちが自分の才能を存分に発揮して主を賛美しているのを目にするのは、本当にすばらしいものです!
感動と興奮で、なかなか寝付けそうもありません。
主にたくさんの感謝を!!ハレルヤ!!!!
今年もあとわずかですが、激動の一年でした。
多くのものを失い、手放しました。
そして主は、多くのものを与えてくださいました。
人の評価はうつろいゆくものです。
でも、主の愛は限りなく、決して絶えることなく、わたしたちすべてに与えてくださっています。
与えてくださった愛に、お返ししたい。
もちろん無理はせず、自分にできることの最善をもって。


弟よ

僕には愛する弟が二人います。
次男は26歳。
今はJWとは無縁の生活。実家の近くに家を建て、パパとして頑張っています。
三男は中3。
小6でバプテスマを受け、母の期待を一身に背負ってるのでしょう。
前回記事に書いたとおり、母から連絡をよこすなと申し渡されてしまったので、三男の現状を知るすべはありません。
さっき、次男がメールをくれました。
「職場復帰おめでとう!無理せんとやりや!」
嬉しくて嬉しくて、うるっときちゃいました。
三男は通信制高校に進むらしいです。
アスペルガーらしいので、全日制高校は無理でしょうから、仕方ないですね…。
愛する弟たちが頑張ってるように、僕も頑張ろうと思います。