2015年12月一覧

死と復活

ヨハネ11:32-35
マリアはイエスのおられる所に来て、イエスを見るなり足もとにひれ伏し、「主よ、もしここにいてくださいましたら、わたしの兄弟は死ななかったでしょうに」と言った。
イエスは、彼女が泣き、一緒に来たユダヤ人たちも泣いているのを見て、心に憤りを覚え、興奮して、言われた。「どこに葬ったのか。」彼らは、「主よ、来て、御覧ください」と言った。
イエスは涙を流された。

ローマ8:26
同様に、“霊”も弱いわたしたちを助けてくださいます。わたしたちはどう祈るべきかを知りませんが、“霊”自らが、言葉に表せないうめきをもって執り成してくださるからです。

敬愛する友人のひとりであった、植田真理子さんが亡くなられたのが3月。
そして、高澤守牧師が亡くなられたのが5月。

7月には、元JW2世の親友がお母さんをガンで亡くされたそうです。
つい数日前にも、別の元JW2世の友人がお母さんを亡くし、親の死に目にも会えないという不条理に遭遇されていました。

 

今年は、ほんまに辛い出来事が続きました。

イエスさま、聖霊さまが、私たちとうめき、泣いておられる光景が見え、いま、僕も泣いています。

主よ、どうしてですか?

泣きながら祈ってました。

 

すると、ふたつの聖句が与えられました。

エゼキエル18:23

わたしは悪者の死を喜ぶだろうか。――神である主の御告げ――彼がその態度を悔い改めて、生きることを喜ばないだろうか。

ヨハネ12:24
まことに、まことに、あなたがたに告げます。一粒の麦がもし地に落ちて死ななければ、それは一つのままです。しかし、もし死ねば、豊かな実を結びます。

 

神が死を創造したのではなく、死は神のみこころではないこと。神は生きることを望んでおられること。

そして、死は終わりではなく、始まりであること。

今夜はイエスの降誕を祝う、クリスマス。

イエスさまは、神であったのに、わたしたちのために死ぬために、己を卑しくして人になってくださいました。

イエスの降誕、死と復活。

これこそが、わたしたちの希望です。

 

メリークリスマス!!