2011年12月一覧

10のチェックで分かる見直すべき人間関係 同僚からSNSまで 年内にやれること

日経電子版に載っていた記事ですが、とても参考になりました。
http://s.nikkei.com/uZnsTT
負荷になっている関係をどう見直すか。
「いきなり関係を絶つのではなく徐々に距離を置くことで、無用なトラブルを避けられます」
【人間関係 「距離の置き方」のポイント】
・共有する時間を物理的に少なくする
  ・相手と違う行動パターンを取るようにする
  ・一人で過ごす時間をつくる
・精神的な距離を保つ
  ・自分のプライバシーをすべてオープンにしない
  ・相手とは違う自分の価値観をきちんと伝える
・新しい活動拠点を作って関係を薄める
  ・趣味やサークルなどで新しい仲間をつくる
  ・交流会や飲み会などに積極的に参加してみる
<ツイッターやフェイスブックでも「ゆるやかに」相手と離れる>
・離れたい人にはコメントしないか、しても最低限にする
・コメントの数や友人の数に一喜一憂しない
・画面を見る時間自体を減らしていく



とおきくにや

今年一年を振り返ったとき、いちばん心に残ったのは、この聖歌でした。
聖歌397 「遠き国や」

1-遠き国や 海のはて いずこに住む 民も見よ
  慰めもて 変わらざる 主の十字架は 輝けり
(おりかえし)
  慰めもて ながために 慰めもて わがために
  ゆれ動く 地に立ちて なお十字架は 輝けり
2-水は溢れ 火はもえて 死は手拡げ まつ間にも
  慰めもて 変わらざる 主の十字架は 輝けり
3-仰ぎみれば など恐れん 憂いあらず 罪も消ゆ
  慰めもて 変わらざる 主の十字架は 輝けり
この聖歌は、1923年、関東大震災の夜に作られました。
「揺れ動く 地に立ちて なお十字架は 輝けり」
未曾有の大地震。大津波。そして史上最悪の原発事故。
暗闇の中にあっても、どんなに地が揺れ動こうとも、イエスさまは変わることなく、わたしたちの光、太陽となってくださいます。
今年も、こうしてイエスさまの御降誕をお祝いできるのは嬉しいことです。
皆さんの心に、イエスさまが希望の光として輝いてくださいますように。


楽しかった♪

昨日、発達障害当事者の会に参加してきました。
二次会が盛り上がり、気がついたら20時半まで話し込んでました。びっくり。
心を開いて、自分の気持ちを表現する練習、
自分の特性を理解し、どうやって周囲に理解してもらえるよう伝えるかの工夫、
そして、しばし現実から逃避して、ただ趣味に盛り上がり、没頭できる時間。
どれも大切やなぁ~と思いました。
あせらず、ゆっくり、ぼちぼち、心を開ける、互いの特性を認め合い、一緒に前を向いて歩いていける仲間を増やせたらいいなぁ・・・と思っております。
といいながら、楽しそうなカップルとすれ違うたびに「うぅ、ちょっと切ない(´;ω;`)」と思っちゃったりもするねんけどね。