2011年06月一覧

あなたの夢は何ですか

カンボジアで宣教されている、ウィルキンス祐子・クリスご家族が、城東キリスト教会に来てくださいました。
http://www.geocities.jp/fmkaisenshienkai/willkins01.html
カンボジアでの宣教・自立支援についてお話を聞いた後、「夢」についての奨励をいただきました。
使徒2:17,21。これはヨエル2:28,32の引用です。
『神がこう仰せになる。終りの時には、/わたしの霊をすべての人に注ごう。
そして、あなたがたのむすこ娘は預言をし、/
若者たちは幻を見、/老人たちは夢を見るであろう。
そのとき、主の名を呼び求める者は、/みな救われるであろう』。
「若者たちは幻を見、老人たちは夢を見る」とあります。
若い人も年取った人も、聖霊を注がれた人は皆、夢を見ると預言されています。
では、あなたの夢は何でしょうか。
夢を壊す要素が4つあります。
 1.この世の常識
    家族や親戚、親しい友人ほど、夢破れたときを案じて、否定的なことを言いがちなものです。
 2.環境やしがらみ
    「自分はこの仕事をやらなければならない」「家族の面倒をみなければならない」といったしがらみによって、
    夢の実現をあきらめ、今までどおりの生活に戻ってしまうことがあるかもしれません。
 3.自分自身
    自分には夢を実現させるだけの学歴がない、経験がない、資質がないと思ってしまい、あきらめてしまうことがあるかもしれません。
 4.夢そのもの
    その夢が神から来たものかどうかによって、夢を実現できるかが変わってきます。
    使徒2:21には「主の名を呼び求める者は、みな救われるであろう」とあります。
    この目的を達成するため、聖霊はわたしたちに働き続けます。
    自己実現を夢の動機とすること自体は間違いではありませんが、自己実現が第一の動機となっている場合、神はその夢を“壊される”ことがあります。
では、あなたの夢は何か?それを知るためのヒントが3つあります。
 1.神はあなたのすべての好みを用いられる
    自分がやりたいこと、好きなこと、神はそれを用いられます。
 2.神はあなたのすべての経験を用いられる
 3.神はあなたのすべての恐れを用いられる
    恐れがなければ、神に依り頼まなくても、すべて自分の力で実現できてしまいます。
    恐れがあるからこそ、神に依り頼み、そこに神の力が働きます。
そして、あなたの夢を見極めるための手段が4つあります。
 1.直感
 2.みことば
    直感だけでなく、その夢を指し示すみ言葉が与えられるとき、それが神からのものかどうかを見極めることができます。
 3.霊的な先輩
    アドバイスを受けることにより、夢を見極めることができます。
 4.夢の実現のために一歩踏み出すとき、おのずと道が開かれるか
私が子供のころ抱いていた夢は、エホバの証人の宣教者になることでした。
しかし、組織につまずき、教理に疑問を抱き、鬱になったのを機にエホバの証人から離れ、その夢を諦めました。
それからの私は、目の前を生きることだけに必死でした。
社会人になり、結婚し、ささやかな幸せをつかみたいと思っていました。
その後、正社員になり、結婚しました。
夢を実現できたという満足感がありました。
しかし、それも長続きしませんでした。
鬱が再発して仕事を辞めざるを得なくなり、結婚生活も破綻しました。
自分の生きている目的は何なんだろうと自問しつづけました。
そんな中、私は救われ、クリスチャンとなりました。
私の目の前に思いがけず、牧者となるという道が開かれました。
私には、エホバの証人に対して、特に2世に対する強い思いがあります。
クリスチャンになる前から、2世が自立し、自由をつかみ、幸せになってほしい、そのために自分の経験を生かしたいという思いを抱いてきました。
それが私に対するひとつの召しであるという確信が、受洗してから今日に至る2年の間に強くなっていきました。
祈りつつ、みことばを学びつつ、牧師をはじめとして霊的な先輩の方々に相談するうちに、神学校に進む道が指し示されてきました。
改めて献身の誓いを立てた私には、恐れがあります。
自分のような無力で学歴のない者に何ができるというのか。
これから押し寄せる数多の問題に押しつぶされ、また倒れてしまうのではないかという不安は消えません。
しかし、その恐れがあるからこそ、神に依り頼めることを、私は心から感謝しています。
私が自分の力ではなく、神の力によって、神のみこころを実現するために働かせていただけることは、喜びです。