僕にとっての、「エホバの証人」の2つの側面

去る5月10日、僕は大阪市緑橋会衆の長老団にメールを送り、エホバの証人から断絶する旨を伝えました。
名実共に僕はエホバの証人を脱退しました。
いま、僕は自分の思いと決意を、ここに記します。
物心ついた頃からエホバの証人であった両親に育てられ、エホバの証人の会衆に交わってきた僕にとって、「エホバの証人」とは文字通り家族・親族、そして数多くの兄弟姉妹たちです。
両親や弟、親戚。
まだ幼かった僕を我が子のようにかわいがってくださった年配の姉妹たち、
一緒に伝道やスポーツをしてきた兄弟姉妹たち、
そして僕が大会で経験を話した時や演壇に立って講演をしていたときにそれを聴いていた聴衆。
特に京都地域には、僕をよく知る兄弟姉妹がたくさんいます。
それら兄弟姉妹に対する僕の思いは尽きることがありません。今も、そしてこれからも、家族や親族を、そして兄弟姉妹たちを、僕は愛してやみません。
一方、主の導きによって目を開かれて知った、もうひとつの「エホバの証人」組織の側面。
それは、キリストが神であられることを否認し、聖霊の人格を、そして聖霊がクリスチャンひとりひとりに内在してくださることを否定する、まさに福音と神の恵みを否認する「反キリスト」。
巧妙なマインドコントロールで信者の思考を操り、「統治体」とものみの塔協会の出版物だけが唯一の神からの導きであるかのように欺き、度重なる教理の誤謬や戒律の変更を「増し加わる光」と錯覚させ、数多くの人々の人生を狂わせてきた、強大なカルト集団。
取るに足らない存在である僕を、その闇の中から救い出し、真理の光のもとへ導いてくださった主の類まれな愛と驚くべきみ業を思うとき、僕はただ黙ってじっとしているわけにはいかないのです。
パウロがコリント第一9:16で述べたとおり、「もし福音を宣べ伝えなかったなら、私はわざわい」です。僕は語るのをやめるわけにはいきません。
これからも、エホバの証人がカルトであり、神と福音を正しく理解していないことを、僕は証ししていきます。

コメント

  1. AC後屋 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    Joelさんの言葉一つ一つに全面的に同意します。私も、家族を含め組織にとどまっている人たち一人一人の上に平安と救いがあることを願いつつ、組織そのものには神の裁きが下ることを日々祈り求めています。
    「信仰義認」はプロテスタントの主張する大原則であり、ルターは行為義認に傾いていた中世カトリックを厳しく批難しました。しかしJWの言う「義と宣せられる」は行為義認ですらありません。組織の推奨する業を行えば「あるいは」怒りの日に隠され、ハルマゲドンを生き残った後千年間忠誠を保って最後の試みを通過してようやく得られるというのですから、救いはどこか別世界、はるか遠くの話になってしまいます。これでは何のために主が十字架につけられたのか分かりません。
    学びを深めれば深めるほどこれまで学んでいたことのおかしさに気づくと共に、神様の恵みの大きさに圧倒される思いがします。Joelさんと主にある兄弟として交われる日を楽しみに学びを続けて行きたいと思っています。