某オフ会…続報

訂正記事が出てましたね。
もう一方のオフ会主催者は、わざわざ電話してきてくれました。
当事者にしか分からない事情とか、いろいろあるんだなあ…というのが実感。
たしかに、考え方や価値観の相違で、すれ違ってしまうことってありますよね…
でも、時が経つうちにお互いを理解し合える、違いを受け止める「懐の広さ」を身に着けたいものだと、僕は思いました。