ハイチ大地震・・・これも「終わりの日」のしるし?

阪神大震災から15年となる1月17日を目前にして、13日、ハイチで大地震が発生しました。
ハイチ大地震は阪神大震災と同様、直下型(震源が10km程度と浅い)のため、甚大な被害が発生しています。
しかも震源は、200万人以上が住むといわれる首都ポルトープランスのすぐ近く。
さらに、ハイチが世界有数の最貧国で、建物の耐震設計は不十分。建物の多くは鉄筋が入っていないため、大多数の建物が崩壊、数多くの人々が生き埋めになっています。
いまだ、被害の全貌は把握できていないのが現状です。
今回の大地震は、地震が天災であると共に「人災」としての要素も大きいことを示しています。
最近、静岡で震度5強の地震が発生しましたが、地震対策がしっかりしていたため、被害はごくわずかでした。
エホバの証人は、1914年以降、「終わりの日」のしるしの一つとして「地震が頻発している」とさかんに喧伝していますが、地震の発生回数が増えているのではなく、人口の密集化が進んでいるために都市部で地震が発生したときに被害が甚大になっているのです。
そもそも、地震計が発明されたのが1880年。それ以前に発生した大地震で、観測・記録されていないものは多くあるわけです。
詳しくは、以下を参照ください。
http://members.at.infoseek.co.jp/thinkJW/koen.htm

コメント

  1. あかり より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ハイチの地震はひどいですね。気の毒です。
    エホバの証人の予言は何度もかわるので、地震の事も驚くほどでもないですね。
    でも、地震の予言が当てはまってないとすると、終わりはまだ先と言う事でしょうか?
    一般のクリスチャンもハルマゲドンとか地上の楽園とか地上での永遠の命などを信じているのですか?
    ぜひ、教えて下さい。

  2. Joel より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >あかりさん
    マタイ24:36にあるとおり、「その日がいつかは、ただ父だけが知っておられます」。
    エホバの証人は「1914年、イエス・キリストが天で王となった」と主張しますが、これは偽りです。
    多くのクリスチャンは、地上ではなく、天での永遠の命を信じています。
    また、救われるかどうかはハルマゲドンの「審判の時」ではなく、イエス・キリストを救い主として信じた時点で決まると信じています。

  3. あかり より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >Joelさん
    お返事ありがとうございました。