「エホバに歌う」はイケてない! 「エホバよ、わたしたちは感謝します」編

(mixiには数日前にアップしてましたので、もう読んだ人はごめんなさい)
ご好評におこたえして(w
第二弾。
212番の歌。
1番。
旧) エホバよ われら感謝せん
     ↓
新) 感謝します 父エホバ
旧) なが光 注ぎたもう
     ↓
新) 道を照らす光を
ちょっと意味が変わってない?w
旧) 祈りもて なれに頼る この特権 感謝せん
     ↓
新) この祈りの賜物を 感謝します あなたに
「なれに頼る」が欠落。「特権」→「賜物」にかえたのはまだよかったか。
2番。
旧) エホバよ われら感謝せん み子 死に勝ちたまえり
     ↓
新) 感謝します 父エホバ み子イエスの犠牲を
「イエスの犠牲に感謝する」のは間違ってはいない。
でも、イエスは死に勝利した!という感動は失われた。
旧) われに誓い果たさしむ 導きに感謝せん
     ↓
新) 誓い 果たす 導きを 感謝します 日ごとに
べつに「感謝せん」でええやん、って気になってくる・・・w
3番・・・消失。涙
旧) エホバよ われら感謝せん まことの友 賜えり
   忠実保つを助く なが霊に 感謝せん
4番→3番に。
旧) 感謝せん み名と真理 告ぐるは わが誉れよ
     ↓
新) 感謝します 父エホバ み名 伝える 誉れを
「真理」が消えた!w
旧) 悪は去り なれの恵み とわならん 感謝せん
     ↓
新) 永久(とわ)に続く王国を 感謝します エホバよ
あくまでも「王国」を強調したい。
「恵み」という言葉を使いたくない、という意思がひしひしと感じられますw
というわけで、こちらもグダグダになっちゃいました・・・