エホバの証人の輸血拒否に対する、各界の対応

【医学界の対応】

15歳未満 親拒否でも輸血 5学会決定

(読売新聞 2008年2月29日)
 宗教上の理由で輸血を拒否する「エホバの証人」の未成年信者への対応について、日本輸血・細胞治療学会など関連5学会の合同委員会(座長・大戸斉福島県立医大教授)は28日、15歳未満の患者に対しては、本人や親が拒否しても生命の危険があれば輸血を行うとする指針を正式に発表した。
 患者が信仰や親の意思に反して輸血を受けたことで苦しむ恐れがあるとして、退院後も児童心理の専門家らによるカウンセリングを行うよう医療機関に求めている。
 指針によると、15歳未満は輸血するものの、18歳以上では患者本人が、15歳以上18歳未満では患者と親の双方が輸血を拒んだ場合は輸血しないとした。最高裁の判例に基づき、宗教上の輸血拒否を患者の自己決定権として尊重した。
 ただ、18~19歳の患者でも、医療について適切な判断ができないと複数の医師が評価した場合には、輸血すると定めた。
http://www.yuketsu.gr.jp/information/2008/080229kaiken.pdf

宗教的輸血拒否に関するガイドラインとフローチャート
http://www.anesth.or.jp/news/000858.html

【行政・司法の対応】

行政 = 児童相談所
司法 = 家庭裁判所

即日審判で父母の親権停止 家裁、息子への治療拒否で

http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009031401000512.html

 東日本で2008年夏、消化管内の大量出血で重体となった1歳男児への輸血を拒んだ両親について、親権を一時的に停止するよう求めた児童相談所(児相)の保全処分請求を家庭裁判所がわずか半日で認め、男児が救命されていたことが14日、分かった。

 子供の治療には通常、親の同意が必要で、主治医は緊急輸血が必要だと両親を再三説得したが「宗教上の理由」として拒否された。病院から通報を受けた児相は、児童虐待の一種である「医療ネグレクト」と判断した。


このように、医療・行政・司法が連携して対応する仕組みができあがっています。
もはや、「大くん事件」の再発はないことでしょう。
大くん事件・・・1985年(昭和60年)6月6日、神奈川県川崎市の久地駅前の路上で、当時10歳だった鈴木大君がダンプに轢かれて両足を骨折。聖マリアンナ医大病院に運ばれた大君は、意識はあったものの失血によるショック症状を呈し始めている状態で、「両下肢開放性骨折・入院60日」という診断を受け手術が行なわれようとしたが、事故を聞いて駆けつけた両親が手術に必要な輸血を拒否。熱心なエホバの証人である両親の承諾を得られぬまま大君は5時間後に失血死。