夕拝

今日も憂鬱だったのですが、頑張って行ってきました。
教会に着いたときは、鬱ですっぽり覆われているかのようでした。
賛美の最中も、手拍子を打つ元気がありませんでした。
でも、賛美をしているうちに、祈りをしているうちに、
メッセージを聞いているうちに、聖霊様の働きを感じました。
礼拝が終わるころには、心が軽くなったような気がしました。
礼拝後、牧師に祈ってもらいました。
仕事のこと、家族のこと、JWのこと・・・
たくさんの重荷がありますが、主がいつも共にいてくださり、支え、導き、祝福してくださいますように。
祈りには、ほんとうに大きな力があります!
あなたがたのうちに病気の人がいますか。その人は教会の長老たちを招き、主の御名によって、オリーブ油を塗って祈ってもらいなさい。

信仰による祈りは、病む人を回復させます。主はその人を立たせてくださいます。また、もしその人が罪を犯していたなら、その罪は赦されます。

ですから、あなたがたは、互いに罪を言い表わし、互いのために祈りなさい。いやされるためです。義人の祈りは働くと、大きな力があります。 (ヤコブ 5:14-16)

コメント

  1. ペパミント より:

    SECRET: 0
    PASS:
    Joelさんはとても信心深い方なのですね。
    私はJWを離れてからは信仰がすっかり無くなってしまいました…
    きっと初めから無かったのだと思います。
    でも神の存在を信じることも大切なことだと思いました。

  2. Joel より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >ペパミントさん
    どうなんでしょう…信心深いというより、とても弱い人間だと自覚しています。
    小さい頃から、学校でも会衆でも孤立していて、親にも頼れなくて、僕が頼れるのは神だけだったんですよね。
    だから、いろんな問題を祈りのうちに乗り越えていくうちに、神の力や導きを実感していったように思います。
    そうやって、神との個人的な関係を築けていたおかげで、十年近いブランクを経て教会に導かれたように思います。
    今も、自分の罪深さや弱さを日々痛感します。
    そのたびに、神が恵みを注いでくださり、守ってくださることに対する感謝が深まるように思います。

  3. ペパミント より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >Joelさん
    学校にも会衆にも親にも頼れず神だけだったというのはよく分かります。私もそうでした!私が誰にも自分の気持ちを打ち明けることができないのは今も同じです。人と話すのが苦手で他人の顔色ばかり伺ってしまうので、時に気味悪がられます(笑)それで仕事にも支障をきたしますがまあ、めげずに頑張ってます。人って思ったより親切だし、自分がほほ笑めばほほ笑み返してくれるものだし怖がらなくていいんだって最近気付きました。たぶん昨日くらいに気付いた…。発展途上な私。

  4. ペパミント より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >Joelさん
    親も学校も会衆も頼れず、神だけだったというのは分かります。私もそうでした!
    今も自分の気持ちを打ち明けられないことで他人との関係、特に仕事に支障をきたしてます。が、まあいいやん、生きてたらって自分を励ましてます。こうしてJoelさんのような元JWさんのブログを見ることも楽観的な見方をする上で自分の助けになってます!なんかJWチックな言い回しになっちゃった…。