2009年07月一覧

解散!

さきほどオフ会の二次会を終えて解散しました。
今回集まってくださった皆さん、ほんとうにありがとうございました。
多々不手際がありましたこと、お詫びします。m(_ _)m
次回は、もっと楽しんでいただける会にしたいと思っていますので、もしご都合が合えば、ぜひご参加ください。


元JW 京都オフ会 (7/31)

いよいよ今日、開催です!

日時: 7/31(金) PM19時~21時
場所: 京都駅前 「居酒屋 和利舘」
        京都市下京区塩小路通烏丸西入る東塩小路町577 大将軍ビル4F
        TEL: 075-343-9266
        http://www.daishogun.co.jp/izakaya/index.html
        (ぐるなび) http://r.gnavi.co.jp/k222704/
        (ホットペッパー) http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000661055.html
予算: 3000円→2000円(コース料理)+ドリンクは別途

mixiの「YHWHを愛してると思ってた」コミュにもイベントトピックを立てていますので
そちらから応募いただいてもOKです。
参加希望、もしくは興味のある方、メール
( joel@exjw2.net ) お待ちしています。

※元JWブロガーの皆様、転載いただけますと助かります。
※6/13 22:10追記  店を予約しましたので、追記しました!
※7/19 03:20修正  「3000円で飲み放題!」と思っていたら、ドリンクは別料金であることが判明。(-_-;
              参加者の皆様には既にメールさせていただいていますが、本当に申し訳ありません。
              m(_ _)m


早天祈祷会

昨夜は結局、一睡もできず…
教会に向かいました。
じつは、早天に出たのは初めてです。
共に祈りをささげているうちに、悶々とした気持ちが晴れていくのを感じました。
教会は聖霊に満たされ、主の栄光で輝いていました。
本当に感謝です。
このさわやかさは、王国会館では得られません。


「母なる組織」

エホバの証人は、自分たちの組織を母にたとえます。
エホバが父で、組織が母。
僕にとっては、ヘドが出そうな言葉です…。
無条件に子供を愛するのが、母の愛でしょう?
あんな冷酷で非情な組織を母だなんて、とても思えません。
僕は小さいころから、愛に飢えていました。
「自分は愛ある組織におり、両親も僕を愛してくれているはずなのに、なんでこんな気持ちになるんだろう」と、何度も思っていました。
最近になってようやく、悟りました…
僕は子供なのに、親を理解し、親を認め、親を愛することを要求されていたんです。
組織にしても同じこと。
組織が僕を受け止め、理解し、愛してくれることなんて、ありませんでした。
組織の一員として、組織を理解し、組織の一部となるよう努力することを求めつづけられてきたんです。
自分の必要は全く顧みられず、自分を消耗していく日々…。
その積み重ねが、二十歳のときに鬱になって寝込んでしまうという形で表れたんだと思います。
いまさら自己憐憫に浸るつもりはありません。
いまや僕は一社会人であり、妻を支え、養う責任を負っています。
でも、過去を冷静にみつめることは、これから前へ向かって足を進めるために必要な作業だと思います。
僕は「条件つきの愛」しか受けてこなかった。
そして、その元凶は、エホバの証人組織。
この事実は、永遠に変わりません。


毒を吐きます

すみません。
めっちゃネガティブな文章ですので、読みたくない方はスルーしてください。
宗教にはまり、「条件つきの愛」しか示せない母。
家族も宗教も捨てながら、責任転嫁しつづける父。
どっちも最低じゃ~!!
父は離婚後、同年代の女性(Yさんとします)と同居している。
再婚はしていない。
このYさんという人がデリカシーのない人で、妻も関わりたくないと言っていた…
ある日、父のもとを訪ねようとメールした。
すると、「あなたたちには感謝の気持ちがない」とかいう意味不明なメールが来て、要は「しばらく来るな」ということだった。
父が、実の息子夫婦より同居人Yの気持ちを優先させていることに、唖然とした…
せっかく、親子関係を修復しようとしているのに、なぜこんな要求をされるのか。
父が子供を捨て、養育費も払わず、僕や弟が父に代わって家計を支えたこと、負い目に感じていないのだろうか。
それよりも、同居人Yの感情を僕たち子供が配慮するほうが大切なのか???
信じられない…
かといって、こんな話を母にできるわけもない。
そもそも、父は断絶した者。
僕が定期的に父と会っているなら背教になると、母に断言された。
血のつながった親子関係を「背教」の一言で引き裂かれることが我慢できない。
でも、実の父も母も、両方との関係を失うのが怖い…。


おはようございます

昨夜はカプセルホテルで泊まりました。
おっさんのいびきがうるさかったけど、マイスリー2錠のおかげでよく眠れました。
でも、カプセルホテルは携帯の充電ができひんし不便。
やっぱビジネスホテルで、ネットの使えるところがいちばんですね。
さて、今日もお仕事です。
明日以降はお休み、というか就職活動。
次回のお仕事は来週、富山に行きます。


おしごと

短期の仕事を紹介してもらいまして、就職するまでのつなぎにいいかと請けたのはいいのですが…
超ハードでした(>_<) おかげで、この時間でもう眠くてしょうがありません。 おやすみなさいぐぅぐぅ


地域大会一日目

行ってきました。大阪ドーム。
さんまのテレホンショッキングを見ていたかったんやけど、途中でテレビを消して、午後のプログラムだけ聞きましたw
8年ぶりの大会でしたが、そんなに違和感は感じませんでした。
人が多すぎて、人混みにまぎれられるのがいいのかも。
十数年ぶりに見かけた、地元の兄弟たちの老けっぷりに、歳月を感じました…。
プログラムは、やたら「クリスチャンとして」と言うところ(JWに「クリスチャン」を名乗ってほしくないわい!www)や、相変わらず「邪悪な世」を連呼するところに辟易しました…。
インタビューに登場した若者は相変わらず、高校卒業→正規開拓のパターン。
やはり大学教育を暗に否定する流れは感じました。
午後の最初のプログラムでは、「過去に年代に関する誤った期待があったのはなぜか」を取り上げていました。
「ずっと見張っているからだ」とかいう、とんちんかんな回答でしたが、その誤った期待のために人生を狂わされた人々についての言及はなし。
あとは…新しい歌の本の発表がありました。
来年から使うそうな。
現行の歌の本より90曲も減り、135曲になるらしいです。
相変わらず突っ込みどころ満載でしたが、自分に当てはめなければいけないというプレッシャーを感じず、客観的に話を聞けたからか、気分的には意外と楽でした。
現役じゃなくなると、こんなに気持ちが軽くなるんやと、我ながらびっくりw
なにより、愛する弟や親戚に会えたのが、嬉しかったです。
でも、霊的には励まされませんwww
これから、元JWの方々にお会いすべく、教会に行ってきます(^-^)


地域大会

今年も、地域大会のシーズンがやってまいりました。
大阪ドームは今週末らしいです・・・
exjw2.net blog by Joel
敵地偵察、行ってみようかなw


夏休みの思い出

夏休みに入りましたね~。
皆さんご家族でお出かけの計画を立てられているんでしょうか。
エホバの証人2世だった僕にとって、夏休みといえば「補助開拓奉仕」、つまり月に60時間を伝道に費やしました。
あれは…たしか小学校四年生の夏。
毎日のように自転車で出かけては、朝から夕方まで伝道していました。
8/31、60時間を達成できたときは嬉しかったものでした…。
当時はまだバプテスマを受けていなかったので、個人的な目標としての60時間だったのですが、だからよけいに達成感があったのかもしれません。
中学・高校時代も補助開拓をしていましたが、当時のことは、すっかり忘却のかなたに消えてしまっています。
ただ純粋に「伝道しなければ!」という使命感に燃えていた小学生時代が、奉仕をしていていちばん楽しかったように思います。
もの珍しさからか、同情からか、雑誌を受け取ってくれる人もけっこういましたし。
大きくなるにつれて、だんだん家の人の反応も悪くなり(時代背景的にも、カルト問題が社会でクローズアップされてきたこともあるのでしょう)、奉仕へのモチベーションが下がっていきました。
あと、夏休みの思い出といえば何だろう…
会衆のレクレーションで、京都市北部の山中でキャンプをしたことや、日本海に泳ぎに行ったことでしょうか。
あと、家族や親戚と琵琶湖に行ったこともあったな…
いずれも、おぼろげな記憶です(^^;)