2009年02月一覧

近況

25(水)夕方から、広島へ出張していました。
夜間に作業を行い、終わったのが木曜の朝10時ごろ。
冷たい雨がしとしと降っていました。。。
夜勤明けでとにかく眠くて、広島駅に着くと岡山行き快速電車に乗り、そのまま熟睡・・・。
2時間以上ぐっすりでした。
昼2時ごろに岡山へ到着。
せっかく岡山に来たからと、倉敷めぐみキリスト教会を訪ね、高山牧師とお会いしてきました。
http://kmcc.sakura.ne.jp/
http://ameblo.jp/taka-chaya/
高山先生は、エホバの証人・統一教会・摂理など様々なカルトからの救出を多数手がけておられる
有名な牧師さんです。
急な訪問にもかかわらず、快く迎えてくださいました。
短い時間でしたが、お話させていただくことができました。
その後、ネットカフェで少し仮眠を取った後、マイミクさんと合流し、プチオフをしました。
2年ぶりの再会でした。元気そうな顔を見られて、とても嬉しかったです。
23時ごろ帰宅。
けさも11時まで爆睡してました。
・・・と、ここまでがここ数日の近況です。
明日も夜間作業のため徳島へ出張します。
来週は福井、再来週は三重・・・と、来月下旬まで出張が続きます。


遠くの親戚より近くの他人

孤独は喫煙や肥満と同じくらい人体に悪影響を及ぼす
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080218_bad_influence_for_loneliness/
孤独は、心も体も病ませます。
共に喜び、共に泣いてくれる友の存在は貴重なものです。
「近くにいる隣人は、遠くにいる兄弟にまさる」-箴言27:10。
「友はどんなときにも愛するものだ。兄弟は苦しみを分け合うために生まれる」-箴言17:17。
主は、ただ遠くから見守っておられるのではありません。
しっかりとそばについていてくださり、守ってくださいます。
「恐れるな。わたしはあなたとともにいる。
 たじろぐな。わたしがあなたの神だから。
 わたしはあなたを強め、あなたを助け、
 わたしの義の右の手で、あなたを守る」-イザヤ41:10。
主がわたしたちを「友」と呼んでくださっています。
「わたしはもはや、あなたがたをしもべとは呼びません。しもべは主人のすることを知らないからです。わたしはあなたがたを友と呼びました。なぜなら父から聞いたことをみな、あなたがたに知らせたからです」-ヨハネ15:15。


「カルトとしての創価学会」

カルトとしての創価学会=池田大作/古川 利明
¥1,575
Amazon.co.jp

この本は、同じ作者による三部作の三冊めにあたります。
前著「システムとしての創価学会=公明党」、および「シンジケートとしての創価学会=公明党」を先に読んでおいたほうがよさそうでした・・・
本のタイトルに直接関連する部分は、第5章「カルトとしての創価学会」になります。
(p.250-251より)
【通常のグループとカルトとの違い】
 通常のグループでは、あくまでその活動は生活の一部分でしかなく、社会に向かって開かれている
また、活動の目的がはっきりと提示され、それに伴うリスクも説明される。
内部批判や分派が許される。
脱退の自由がある。
 これに対し、カルトではそこでの活動が生活のすべてを占め、その組織だけで世界が閉じている
真の目的はカネ集め権力の獲得だが、そのことはメンバーには隠され、代わりに「平和」だとか「」、「健康」などといった耳障りのよいキャッチフレーズでカムフラージュする。
内部批判は分派は認められず、「非同調」はすなわち「裏切り」とみなされる。
一度、足を突っ込んでしまうと、脱退は極めて困難である。
【信仰とカルト的狂信の違い】
 信仰においては、個人の自由意思選択が認められ、内部において質問批判が容認されている
また、他の宗教に対しても寛容さがあり、特定の生きた人物が、神のように崇拝されることはない
 これに対して、カルト的狂信では、そのグループが絶対的な真理を持っているとみなされ、質問や批判は拒絶される
メンバーの信仰心が薄れていくとせられ、グループ内のによってのみ行動を取らされる。
それが仮に社会規範や法律に反していても、省みられることはない。
他の信仰は「邪悪」と切り捨てられ、個々のメンバーの信仰心はグループの利益のためにのみ利用する。
リーダーを崇拝する。
【通常のグループのリーダーとカルトのリーダーとの違い】
 通常のグループにおけるリーダーは、その選出過程で民主的な手続きが踏まれ、あくまでグループ内における一つの役割として機能する。
また、メンバーは同時に他のグループの活動に参加することができ、そこではそのリーダーに対する忠誠も容認される。
 これに対し、カルトのリーダーは、グループの全機能を一人で引き受け、その優越性、絶対性を誇る。
リーダーに対する忠誠にリミットはない。
リーダーへの忠誠がすべてを正当化し、そのためには組織内の懲罰弾劾も正当化される。
上記3つのポイントをみても、エホバの証人がカルトであることは明らかです。
他のカルトとの違いといえば、特定のリーダーの代わりに「統治体」というグループが絶対的な権威を握っている、という点でしょうか。


真実の愛と偽りの愛

父は、自分の親から愛を示されずに育ちました。
親から無条件で受け入れてもらえるという経験をしてきませんでした。
そのため、
・自分に対する愛や信頼を保てない
・愛し方が分からない
ようになってしまいました。
父は貧しい家庭を助けようと、小学生のころからアルバイトをしていたそうです。
高校時代には複数のバイトを掛け持ち、それこそ寝る間もないほどだったといいます。
そうして稼いだお金を家に入れることで、父は自分を認めてほしい、と思っていたのだと思います。
しかし、父の期待は裏切られ続けました。
いくら自分が稼いでも、家族のために頑張っても、自分を否定される言葉を浴びせられ続けたのです。
父が自暴自棄になったのも容易に推察できます。
母と結婚した後も、父は全力で仕事をし、家族を養うことで自尊心を保ち、自分を認めてもらおうとしました。
そのため、母と衝突することもたびたびだったといいます。
母は僕にこんな話をしたことがあります。
僕が幼いころに高熱を出し、母は父に病院に連れて行ってほしいといったが聞き入れてもらえず、母は僕を抱いて寒さに震えながら病院に向かった、と。
母にとっては、自分の子の一大事に真っ先に行動してくれるのが親としての当然の愛だと思ったのでしょう。
しかし、父はそんな愛を受けずに育ったのです。
父は仕事をして家族を養うことでしか自分の愛を表せなかったのです。
おそらく、父には納期の迫った仕事があり、どうしても手を離せなかったのでしょう。
そんな父の思いを、母は理解できなかったのでしょう。
母は、自分ひとりで子供を守らなければいけないことに強烈な不安を感じたといいます。
ちょうどそのころ、エホバの証人が伝道に訪れ、母は研究を始めます。
エホバの証人の教えは、母の満たされない思いや不安を払拭するのに十分だったのでしょう。
当初、父は母がエホバの証人と研究するのを認めていたそうです。
ところが、エホバの証人が世俗の仕事を否定することを知り、父は態度を一変させ、猛烈な反対者になります。
当然のことです。父は仕事によって家族への愛を示してきたのです。その仕事を否定されれば、父の存在そのものを否定することに等しかったのです。
しかし、父はのちに研究を始めるようになります。
猛烈な勢いで研究を進めたため、ついに母に追いついてしまったそうです。
そして父と母はバプテスマを受けました。1983年8月のことです。
エホバの証人になった父は転職し、補助開拓奉仕を始めます。
母ものちに正規開拓者になり、夫婦そろって伝道に駆けずり回ります。
僕も小学校入学と同時、1984年4月に伝道者になりました。
傍から見れば熱心な神権家族だったのでしょうが、家庭の中は悲惨でした。
父と母の口論は絶えませんでした。
母は、子育てより伝道に時間を費やし、僕と弟は顧みられない時間が多くなっていきます。
そして両親は僕と弟をエホバの証人の教えにしたがって育てようと必死になり、むちを振るいました。
僕や弟が何をしたいか、何がほしいのか、訴える時間もなければ、両親にはその訴えに耳を傾けるだけの余裕もありませんでした。
ただ、エホバの証人の教えに従うよう強制されるばかりでした。
僕は親の期待にこたえたい、親に従って親に認めてほしいとの思いから、従順な子供でいようとしつづけました。
一方、弟は、親に反発しつづけ、自分のやりたいことを押し通し続けました。
父は奉仕の僕に、そしてのちに長老になり、会衆での仕事量も増えていきます。
世俗の仕事と開拓奉仕と会衆での仕事とに追われる日々が続きます。
父は会衆内で自分の働きを認めてもらえることに、自尊心の充足を感じていたのかもしれません。
一方で母は、会衆内の仕事に没頭して家族を顧みない父を非難しつづけます。
「愛し方を知らない」父は、家族だけでなく会衆内の成員に対しても、押しつけがましくなる傾向が強くなります。
父は会衆内でたびたび摩擦を起こすようになり、ベテランの長老であった主宰監督と対立するようになります。
対立は深刻なものとなり、ついに父は会衆を移ってしまいます。
しかし主宰監督は父の推薦状を書かず、父は移った先の会衆で長老としての任命を受けられませんでした。
父はエホバの証人の組織からも認められず、裏切られたのです。
父の絶望はどれほどのものだっただろうと思います。
そんな父に対し、母は父のやり方が非聖書的であると非難し、父をさらに追い詰めていきました。
ついに父は、会衆からも家族からも離れる決心をします。
断絶を宣言し、母と離婚し、家を出て行きました。
さて、こうして振り返ると、エホバの証人の組織の問題点が浮き彫りになってくると思うのです。
エホバの証人は、集会の出席や伝道への参加、とくに開拓奉仕を行うことが「正しい道」だと説きます。
そうした生活に忙殺され、両親は精神的な余裕を失っていきました。
そして、愛を持って受け入れるのではなく、「非聖書的である」と裁く見方。
正しくないことをしていると、神からも愛されない。
エホバの証人の愛は「条件付きの愛」なのです。
無条件に認められ、愛される経験をしてこなかった父にとって、エホバの証人の「条件付きの愛」がおかしいものだとは思わなかったのかもしれません。
結局、両親は子供に対して、「条件付きの愛」しか示せなくなっていきます。
正しいことをしていれば愛されるが、親への不従順は親からも神からも不興を買い、愛されないことにつながる、という教え。
思春期にはさまざまな葛藤があり、親への反抗を繰り返しながら自我を確立していきます。
しかし、エホバの証人の教えはそういった反抗を自我確立の過程として認めません。
子供は親に反発しながらも、「自分が親に反発するのは悪いことなんだ」と自分を責めるようになります。
子供は自尊心を保つのが難しくなり、精神的に追い詰められていきます。
親も子供も精神的に追い詰められる宗教。
「無条件の愛」ではなく、「条件付きの愛」で絶え間なく追い立てられる宗教。
そんな宗教のどこに、真の愛があるというのでしょうか!
エホバの証人の中に真の愛がないことは明白です。
エホバの証人の組織の中に見られるのは、偽りの愛です。
父が「無条件の愛」を受けることができず、親からも、エホバの証人からも、「条件付きの愛」しか与えられなかったことは、とても不幸なことだったと思うのです。
父が真のキリスト教に出会い、神の恵みと愛によって救われていたなら、父が今ほどに苦しむことはなかっただろうと思えてならないのです。
さて、昨日書いたように、僕は父に対して何ができるのだろうと自問していました。
そうやって自問していることを、父にメールしました。
父から返事が返ってきました。
———-
件名: 理解だけで充分
愛されたことがない者は愛の示し方を知りません。
なんとか愛を示そうとすると、何かを押しつけてしまい相手を傷つけてしまっていることに気づき、落ち込んで、身動きができなくなってしまいます。
基本の愛は、必要とされていることを実感させることではないでしょうか。
決して本心からではないとはいえ家庭を捨てた父親を、捜して会いに来てくれた!
それで充分です。
もし、言わせてもらえるなら、自分の居場所を大切にしてください。
優しさゆえに親や兄弟のために労力を使い・・・燃え尽きた時、自分の居場所がなくなっている、なんてことがないように・・・。
もう一つ、アダルトチルドレンと同様に、愛を正確に示されていない人は、間違ったことを人生の生き甲斐とする傾向があるようです。
アダルトチルドレンの場合に「共依存」と呼ばれますが、虐待を与えている者を助けるのは自分だけ・・・と、関わりつづけることを生き甲斐にしてしまう・・・つまり依存している場合もあるようです。
———-
僕も父も、エホバの証人でなくなってはじめて、「無条件の愛」にたどりついたのです。
無条件に受け入れられ、認められ、必要とされること。
そして僕は、神が、変わらずずっと愛し続けてくださっていることに、ただ感謝するのみです。
僕を見捨てられることなく、恵みのもとへ導いてくださったことを思うとき、涙があふれて止まりません。
でもその涙は、決して悲嘆や苦悩の涙ではありません。
神が大きなみ手をもって僕を包んでくださり、救ってくださったことに対する感謝と感動の涙です。
いつか、両親が、真の愛を知り、救われるよう、これからも祈り続けていきます。


心の傷

すみません・・・昨日のセミナーについて記事にしなくてはと思いつつ、今日は別の話題です。
深い心の傷を負った人を、どうすればいやせるのでしょう。
会うたびにその人は、自分の受けた仕打ちを、苦しみを吐露します。
延々と・・・何時間も・・・際限なくと思えるときさえあります。
いくら吐き出しても吐き出しきれないくらい、深い闇が心の中に広がっているようです。。。
彼は、父から愛情を受けずに育ちました。
彼の父は次男でした。
長男のほうがよい扱いを受け、愛されていることをねたんでいました。
そして自分の長子に対し、「長男」へのねたみの感情をぶつけたのです。
無条件に愛され、認められるべき存在である子供を、不満のはけ口にしたのです。
彼は、「自分は誰からも愛されない」という絶望感にさいなまれ、ボロボロになり、やけくそになっていました。
しかし、そんな彼を必要とする女性が現れました。
ふたりは結婚しました。
彼は、自暴自棄になっていた自分を懸命に生きるよう励まし、家庭としての居場所を与えてくれた妻に対し、言葉では言い尽くせない感謝の気持ちを抱いていました。
しかし時は経ち、妻は事あるごとに夫を責め、追い詰めるようになります。
彼は次第に逃げ場を失い、自分の居場所を失います。
そしてふたりは離婚しました。
彼はすべてを失いました・・・。家庭も、そして自尊心をも。
僕は、彼に対してどう接すればいいのだろうかと思いあぐねています。
彼は、僕の父です。
僕は、父を尊敬し、愛してきました。
愛されずに育ち、愛し方を知らない不器用な父は、不器用にしか子供を愛せませんでした。
僕たち子供はそんな父に傷つけられ、ときには追い詰められました。
幼い頃は、ただ従うしかありませんでした。
でも、大きくなってから、おもいっきり反抗しました。
父にとっては、子供から自分を否定されたかのように感じたのかもしれません。
でも、僕たち子供は、いくら反抗しようとも、心の中では父のことを誇りに思ってきました。
父はいつも自分たちを愛してくれていることを信頼していました。
父が家族を捨てて出ていったとき、その信頼は揺らぎました。
しかし、父と再会して、決して父が冷血漢ではなかったのだと知りました。
父は愛に飢え、傷つき、深い悲しみの中にいることを知りました。
そんな父に、僕は何ができるのでしょう・・・
父は、母とかかわるのはもうこりごりだと思っています。
そして、祖父に対しては、母に対する以上の怒りと憎しみと絶望の気持ちを抱いています。
父の心の闇は、果てしなく深いように思えます。。。


「偽りの楽園~エホバの証人だった自衛官の妻の独白~」

exjw2.net blog by Joel-偽りの楽園
http://www009.upp.so-net.ne.jp/jwtc/shoseki.htm
大野キリスト教会( http://oono.kyokai.org/ )にFAXまたはメールにて注文できます。
http://www.life21.jp/html/order.html
姉妹たちが誰しも遭遇しているような経験や葛藤が綴られています。
「家族生活」の本は悪書だ、というくだり(p.72-76)が興味深かったです。
この本を学んでいくうちに、ある種の変化が自分の中に起こっていることに気づきはじめた。
その書物によって、結局、ものみの塔という組織を理想化し、
組織(の人々)に対する信頼が培われていくのである。
ものみの塔の信仰を学んでいない夫は、野暮ったい。
怠惰な男の一人になりさがっていく。
その結果、それまでもっていた夫への尊敬と信頼が崩れ、
愛せなくなってしまったのである。
○○○なところが夫には欠けている、○○○してくれない夫である。
もう少し○○○であってくれればよいのだが・・・。
本を読めば読むほど、夫に対して不平不満が募ってくる。
その書物は、いわば「家庭生活を嫌なもの」にしてしまう本なのだ。
ちなみに、うちは「神権家族」でしたが、それでも「家族生活」の本の通りにはいきませんでしたね。
それは、他の神権家族にしても同じだと思います。。。
しょせん、「家族生活」に描かれているのは机上の空論ですよね。
しかも、奉仕や集会だけでなく家族研究に会衆の仕事と、たくさんの「神権的活動」に追われている兄弟たちも疲れ果てています。
王国会館では温和な夫を演じているかもしれませんが、家庭の中では「怠惰な男」になっちゃうわけです。
未信者の夫を持つ姉妹たちにあこがれられる「夫である兄弟」たちも、そんなに立派なものじゃないってわけで。
収入も最小限ですから将来の備えなどとても蓄えられませんし。
きちんと稼ぎ、家庭を養ってくれる未信者の夫のほうが、よっぽど感謝されてしかるべきだと思いますよ。


「無慈悲な牧者たち-エホバの証人十年間の報告」

無慈悲な牧者たち―エホバの証人十年間の報告(Amazon.co.jp)
exjw2.net blog by Joel-無慈悲な牧者たち
1988年に出版された本です。
けっこう分厚い本なのですが、一気に読み終えてしまいました。
著者のヨージー・ドイオンさんは、1932年オーストリア生まれ。第二次大戦下でカトリック教徒の両親を亡くし、里親のもとを転々とします。のちにスイスへ移り、福音教会に改宗します。
看護婦になるため、彼女はイギリスへ留学しますが、そこで「聖書研究家」の訪問を受けます。のちにそれが「エホバの証人」であることを知るわけです。
様々な疑問に対して無数の聖句から論証され、彼女はエホバの証人が真実の神の民だと確信するようになり、バプテスマを受けます。
スイスに帰国後、彼女は開拓者となり、月々100時間を奉仕にささげるようになります。
後に、会衆の補助監督にも任命されます。そこで彼女は「伝道者カード」を目にします。(現在で言うところの「書記」の仕事ですかね?)
開拓者と会衆の雑務の両立に追われ、彼女は疲れ果て、体調を崩して寝込んでしまいます。
それでも、巡回訪問の際に巡回監督は、病気で休んでいた分の時間を取り戻すよう彼女に言います。
のちに彼女は結婚し、三人の子供に恵まれますが、エホバの証人の組織の中に愛が見られないことをたびたび目にするようになります。
彼女は、「組織が自らエホバであるかのように振る舞い、証人が世界的な輪になって「金の子牛」(出エジプト32:8)の周りを踊っていた」ことを悟るようになり、組織と決別します。
文中、ニュルンベルクでの国際大会や1958年ニューヨークの国際大会に信者たちが動員されたエピソードや、ドイツで強制収容所に抑留されていた姉妹と奉仕したときに聞いた話などが含まれており、とても興味深かったです。
読んでいるうちに、自分が奉仕の僕だったころ、会衆内で区域や雑誌係の仕事をしていたこと、元特別開拓者の姉妹が「燃え尽き症候群」になっていたことなど、思い出しました。
本に書かれている、ドイオンさんの経験は1950年代のものですが、それから40年経っても組織の体制がほとんど変わっていなかった(伝道者は月10時間の奉仕が要求されていたことなど)ことを知りました。
つい最近になって、伝道者も月1時間未満でも報告してよくなったなど、調整が加わったそうですね。
僕の両親はドイオンさんのように「組織の指示に忠実に従わなければならない」と考えるタイプでしたので、集会や奉仕、その他会衆の活動に追われて疲れ果てていました。
その姿は、まさにこの本に描かれている兄弟姉妹たちと同じです。
エホバの証人の組織が、どれほど多くの人々の時間を奪い、心も体も疲れ果てさせてきたか、改めて実感させられました。


第18回カルト救出全国セミナー

いよいよ1週間前になりましたので、再度告知です。
真理のみことば伝道協会主催
第18回カルト救出全国セミナー
2009年2月11日(水)10時―17時
「ものみの塔の終焉か」
◆エホバの証人の組織の中で、今、何が起きているのか
◆肉体的・精神的疲れを訴える現役の信者はなぜ、増加しているのか
◆教会、クリスチャン、被害者家族のすべきことは?
講師:草刈 定雄(神戸キリスト宣教会・JW救出宣教会代表)
   ウィリアム・ウッド(真理のみことば伝道協会代表)
   エホバの証人の元長老、その他
会場:上馬キリスト教会
154-0012 東京都世田谷区駒沢2丁目18-7
(田園都市線「駒沢大学」駅下車、徒歩8分)
・03-3421-9838
費用:3000円
事務局:真理のみことば伝道協会
359-1145 所沢市山口2546-7
・04-2921-2235
http://www.jesuscom.org/helpcult/index.php


カトリック茨木教会セクハラ事件

asahi.com(朝日新聞社):教会で司祭が母娘にセクハラ  – 社会
http://www.asahi.com/national/update/0204/OSK200902040047.html
 大阪府茨木市のカトリック大阪大司教区茨木教会の男性司祭(74)が、同教会に出入りしていた信徒の母子にセクハラ行為をした疑いがあることが同教区への取材でわかった。司祭は同教区の聞き取り調査に対し、キスをするなどの行為を認めたという。
 大阪、和歌山、兵庫3府県のカトリック教会を管轄する同教区によると、司祭は茨木教会に通っていた40代の母親と小学生の女児と親しくなり、教会施設内で母親にキスしたり抱きしめたりするなどのセクハラ行為を繰り返し、昨年12月には母親の目の前で女児にもキスをしたという。母親は同教会の清掃や食事の準備などを手伝い、教会からの賃金を生活費にしていたという。
 母親は今年1月、これらのセクハラ行為を同教区へ申告した。・・・
 同教区は「子どもが関係しているので、客観性を保った調査が必要」とし、弁護士3人で第三者委員会を立ち上げ、関係者から話を聞いている。同教区の担当者は「教会に対する信頼を損なう行為。双方の受け止め方は違うが、うやむやにせずはっきりさせたい」としており、8日に信徒に説明するという。
僕が注目したのは、
 ・司祭の犯罪を通報する上位機関(教区)があること
 ・教区が第三者委員会を立ち上げ、客観性を保った調査を行おうとしていること
 ・信徒に対する説明を設けようとしていること
の3点です。
さて、エホバの証人の長老が同様の行為を犯した場合、どうなるでしょうか。
会衆の成員が誰に通報するのでしょう?他の長老?巡回監督?あるいは支部に直接?
いずれも容易ではないと思われます。
また、加害者の長老に対する聞き取りも当然非公開で行われ、その経過が会衆に報告されることもないでしょう。
こういった制度で、公正な裁きが行われることを期待できるでしょうか。
実際、長老のセクハラ行為に対する訴訟が提起されているようです。
今後の展開に注目したいと思います。


村上密牧師

ジャン・ドウゲン牧師のご紹介で、アッセンブリー京都教会の村上密牧師にお会いしてきました。
http://ag-kyoto.com/
村上牧師は、多数の宗教トラブルを解決に導いておられます。
救出について相談してきましたので内容は書けませんが、とても参考になりました。
村上牧師も指摘されていましたが、エホバの証人の「審理委員会」という仕組みは、密室で
恣意的な判断が下されやすいという点で大いに問題です。
実際、長老の子供であったために「悔い改めた」と認められておとがめなしになったり、
些細な「罪」にもかかわらず排斥になった例が存在します。
しかし、審理に関する書類は完全非公開であり、当事者による証言以外、検証するすべがありません。